に投稿

フェアトレードコーヒーとは? 値段が高い理由やおすすめ通販も紹介

フェアトレードコーヒー

こんにちは、アフリカ・マラウイ産フェアトレードコーヒーのウォームハーツコーヒークラブです。

カフェや店頭などで時々目にする「フェアトレードコーヒー」。なんとなくいい印象はあるものの、他のコーヒーよりも値段が高いので、なかなか手が出ないという人も多いのではないでしょうか。

この記事では、フェアトレードコーヒーとは何か、フェアトレードを選ぶとどんないいことがあるのか、おすすめのフェアトレードコーヒー豆など、皆さんが具体的にイメージしやすいように実例も交えてフェアトレードコーヒーを紹介したいと思います。
続きを読む フェアトレードコーヒーとは? 値段が高い理由やおすすめ通販も紹介

に投稿

【自宅で簡単】すぐ飲める美味しいアイスコーヒーの作り方

日々、身の危険を感じるような暑さが続いていて、冷た~いアイスコーヒーが飲みたくなります。

前回は【水出しコーヒーの美味しい淹れ方】をご紹介しましたが、今回は飲みたい時に作ってすぐに飲める急冷法の【アイスコーヒーの淹れ方】をご紹介します。

続きを読む 【自宅で簡単】すぐ飲める美味しいアイスコーヒーの作り方

に投稿

自宅でも簡単、おいしいコーヒーの淹れ方

おいしいコーヒーの淹れ方

自宅でもお店のようなおいしいコーヒーが飲みたいけれど、自分でコーヒーをいれるのは難しそうだと思っていませんか? コーヒーの入れ方は色々ありますが、ペーパードリップで淹れる方法は簡単で、器具も手軽に揃えることができます。

今回は、ご自宅でも簡単なペーパードリップで淹れるおいしいコーヒーの作り方を紹介します。

続きを読む 自宅でも簡単、おいしいコーヒーの淹れ方

に投稿

コーヒー豆の産地と特徴をわかりやすく解説

コーヒー豆と産地

コーヒーの産地としては、一般的にはどのような国が思い浮かぶでしょうか。
おそらく、原産国のエチオピア、世界一の生産量を誇るブラジル、さらに世界全体のコーヒーの約1割を生産しているコロンビアなどだと思います。

今回は、コーヒーの産地ごとに品種や特徴、歴史に迫り、一般的な産地はもちろん、珍しいコーヒーの産地まで紹介します。
続きを読む コーヒー豆の産地と特徴をわかりやすく解説

に投稿

【自宅で簡単】手軽で美味しい水出しコーヒーの作り方と味の特徴

アイスコーヒー

暑くなる日も多くなり、アイスコーヒーが美味しい季節が近づいてきました。

自宅でも喫茶店のようなアイスコーヒーを飲みたいけれど、作るのが難しそうと思っていませんか。水出しコーヒーなら一晩おくだけで簡単に作ることができます。

今日は、美味しい水出しコーヒーの作り方、淹れ方による味の違い、そして水出しコーヒー豆を選ぶポイントなどについてご紹介させていただきます。

続きを読む 【自宅で簡単】手軽で美味しい水出しコーヒーの作り方と味の特徴

に投稿

コーヒーの楽しみ方

マラウイコーヒーの作り方について、
いくつかご紹介ができればと思います。

ドリップコーヒー
・必要なもの
-コーヒーサーバー
-ドリッパー
-フィルター
-コーヒーポット

・粉を入れる
お好みの温度に、お湯を沸かしている間、
コーヒードリッパーの上にフィルターを引き、
画像のように、粉をのせておきましょう。
温度調整や、豆、粉の選び方については、
こちらの記事もご覧ください。

・お湯を注ぐ
お湯を画像のように真ん中に注ぎます。
最初は、蒸らす程度で、円を描いた後、
30秒ほど待ってみましょう。

その後、メーカーにある指定の杯数の目盛りまで、
お湯が入るまで、お湯を注ぐ続けます。

お湯が注ぎきれたら、カップに移し、
お召し上がりいただけます!

今回は、ドリップコーヒーについて、ご紹介しました。
少しでも、参考になれば幸いです。

に投稿

コーヒーの選び方

Warm Hearts Coffee Clubでは、
コーヒーを通常のホット用と、アイス用で、
選択ができるようにご提供させて頂いております。
のご注文、のご注文のそれぞれで、
「コーヒー」の種類を選ぶ際に、選択頂けます。

ホットとアイス用の違い
・ホット用の粉/豆
「アイス用」を選択されず、通常の粉/豆の場合、
粉の場合、中挽きでご提供をしており、
ドリップコーヒーや、フレンチプレスなどで召し上がるのに、
とてもお勧めです。

豆の場合は、シティローストにて、ご提供しております。

・アイス用粉
アイス用については、粉を細挽きにさせて頂き、
水出しなどにも適し、コクの出る挽き方としています。
お湯をかけて、ホットコーヒーとして召し上がることも可能で、
濃い風味で、しっかりとして味がお好みの方にお勧めです。

・アイス用豆
豆は、通常のシティローストよりもさらに深く焙煎した、
フレンチローストでのご提供となります。
焙煎方法を変えることで、アイスコーヒーにした際に、
香りがより強く引き立つようにしております。

暖かい日も続くようになり、ホットコーヒー以外にも、
アイスコーヒーを飲まれたり、水出しコーヒーを作り、
冷蔵庫に保存さえたりする方もいらっしゃると思います。

今まで以上の様々な方法でコーヒーを楽しんで頂き、
マラウイコーヒーの多くの魅力について、
堪能頂ければ幸いです!

に投稿

コーヒーの間作とは?

間作(intercropping)
Warm Hearts Coffeeの原産地であるミスクでは、
日々農夫の人々がコーヒーの天然栽培のために、
多くの工夫を凝らしています。
その中で、「間作」という手法があります。
それは、コーヒーを常に豊かな土壌で栽培するために、
他の穀物を同じ土壌で育て、農地の質を維持していくというものです。
全ての作物が支え合い、コーヒーの生産に繋がっています。

バナナの木とコーヒー
バナナの木は、背が高く、他の木々に対して日陰を作ります。
そのことによって、コーヒーの木に対して、
常に一定の湿度、温度をバナナの木の影は提供してくれるのです。
そのために、コーヒーの木は、
バナナの木の下で成長しています。
こうした自然のバランスの中で成長するコーヒーは、
マラウイのミスクの天然のオーガニックの味を引き出してくれます。