に投稿

自宅でも簡単、おいしいコーヒーの淹れ方

おいしいコーヒーの淹れ方

自宅でもお店のようなおいしいコーヒーが飲みたいけれど、自分でコーヒーをいれるのは難しそうだと思っていませんか? コーヒーの入れ方は色々ありますが、ペーパードリップで淹れる方法は簡単で、器具も手軽に揃えることができます。

今回は、ご自宅でも簡単なペーパードリップで淹れるおいしいコーヒーの作り方を紹介します。

もくじ

1.ペーパードリップコーヒーとは

2.入れるために必要な道具
2-1. ドリッパー
2-2. ペーパーフィルター
2-3. サーバー
2-4. 細口ドリップポット
2-5. メジャースプーン
2-6. コーヒー粉
2-7. 【番外編】専用器具を使わないドリップフィルター

3. メーカー別コーヒードリッパーの特徴
3-1. カリタ
3-2. メリタ
3-3. ハリオ

4.おいしいドリップコーヒーの入れ方
4-1. お湯を沸かす
4-2. ペーパーフィルターをセット
4-3. 必要なコーヒー粉を計る
4-4. コーヒー粉を入れる
4-5. 蒸らし
4-6. お湯を注ぐ
カリタ、ハリオのお湯の注ぎ方
メリタのお湯の注ぎ方
4-7. カップに注ぐ

5.まとめ

1. ペーパードリップコーヒーとは

ペーパーフィルターにコーヒーの粉を入れ、お湯を注ぐ、最も一般的なコーヒーの淹れ方です。

他の抽出方法と比べてよりまろやかでライトな味が楽しめます。例えばフレンチプレスという淹れ方の場合、粉にお湯をかけ上から直接圧力を加えて抽出するため、コーヒー本来の味が楽しめますが、苦味が強いコーヒーが苦手な方にはお勧めできません。一方のペーパードリップコーヒーは、ペーパーによってほどよくコーヒーの成分が吸収され、ライトでありながらもほどよいコクがあるコーヒーを抽出できます。

さらに、ペーパードリップは、入れ方もお湯を注ぐのみで難しくなく、器具も安価でハードルが低いです。コーヒーを抽出した後、フィルターに入った粉をまとめて捨てることもでき、他の作り方よりも、手間がかからず楽なことも利点として挙げられます。

2. 淹れるために必要な道具

ペーパードリップコーヒーを淹れるために必要な道具を紹介します。

なお、道具ははじめから全てを揃える必要はありません。まずは最低限のものだけ購入して、ドリップコーヒーに慣れてきたときに本格的にコーヒー専用の道具を検討すればいいのではないでしょうか。
というわけで、道具を別のもので代用する方法も合わせてお教えしますね。

コーヒーを淹れる道具

2-1.ドリッパー

コーヒーのドリッパー

大きく分けて台形と円錐形の2つの形状があります。

メーカー別の特徴は次に紹介しますので、あなたの好みにあったドリッパーを探してみてください。

2-2.ペーパーフィルター

ペーパーフィルター

ドリッパーに合うペーパーフィルターを用意します。

台形のペーパーフィルターはコンビニやスーパーマーケットなどでも販売されています。

2-3.サーバー

コーヒーサーバー

2杯以上のコーヒーを淹れる場合、サーバーにコーヒーを抽出し、それぞれのカップに分けます。ご自宅にあるティーポットなどで代用しても構わないです。

1杯だけ入れる場合は、直接カップに抽出すればいいので、サーバーは不要です。

耐熱ガラス製のコーヒーサーバーにはカップ数ごとの目盛りがついており、それに合わせて抽出すれば、ちょうどいい量のコーヒーを作ることができ便利です。ドリッパーとサーバーのセット販売もされています。

2-4.細口ドリップポット

細口ドリップポット

普通のポットでも構いませんが、細口ポットではお湯の注ぎ方を工夫できるので、おいしいコーヒーを淹れることができます。

2-5.メジャースプーン

メジャースプーン

コーヒー1杯分(10g)の粉を計るコーヒー専用のメジャースプーンが販売されています。また、大さじスプーン2杯でも10gを計ることができます。

ドリッパーを買うと、メジャースプーンが付いていることも多いです。

2-6.コーヒー粉

コーヒー粉

好みにもよりますが、ホットコーヒーをペーパードリップで入れる場合は、中挽きの粉が適しています。コーヒー粉が細かいと味が濃くなり、粗いと薄くなります。一般的にお店で販売されているコーヒーの粉は中挽きが多いです。

また、コーヒー豆は焙煎から時間が経つほど酸化しておいしくなくなります。焙煎してから新しいコーヒー粉を使うとおいしいコーヒーが入れられます。

今回はウォームハーツコーヒークラブのマラウイコーヒーを用意しました。
日本でめったに手に入らないアフリカ・マラウイ産の高品質AAランクのスペシャルティコーヒーが、焙煎したての美味しい状態で、送料無料で届きます。

さらにこのコーヒーはおいしいだけでなく、100%が生産国への給食支援へ寄付されるチャリティコーヒーなんです。マラウイはコーヒーの生産に適した条件がそろった自然豊かな国ですが、今も産業が少ない世界最貧国のひとつでもあります。あなたがウォームハーツコーヒークラブのコーヒーを選ぶことで、生産地の恵まれない子どもたちが給食を食べることができます。
ウォームハーツコーヒークラブの特徴はこちらをご覧ください。

2-7. 【番外編】専用器具を使わないドリップフィルター

ドリップフィルターで淹れるコーヒー

専用器具を購入する前にペーパードリップコーヒーを試してみたいのなら、ドリップフィルターを使う方法があります。コーヒーカップにドリップフィルターをセットし、お湯を注ぐだけで1杯分のコーヒーが作れるというものです。

空のドリップフィルターとコーヒー粉を別々に用意するか、あらかじめ1杯分のコーヒーの粉が入ったドリップパックを使います。

ウォームハーツコーヒークラブでは、コーヒー粉200gにドリップフィルター30枚が付いたお手軽セットと、あらかじめ1杯分のコーヒーの粉が入ったドリップパックの両方をご用意しています。

どちらも同じ日本でめったに手に入らないアフリカ・マラウイ産の高品質AAランクのスペシャルティコーヒーです。ただ、お手軽セットのコーヒー粉は焙煎したその日に発送しますが、ドリップパックはそうではありません。焙煎したてのコーヒーの味を楽しみたい方にはお手軽セット、とにかく簡単にコーヒーを作りたい方にはドリップパックがおすすめです。

3 . メーカー別コーヒードリッパーの特徴

代表的な、カリタ、メリタ、ハリオという3つのメーカーを紹介します。

3-1 . カリタ

カリタドリッパー

カリタは、初めてドリッパーを買う方にもおすすめしやすいメーカーです。ペーパードリップに典型的な、ほのかな酸味とコクがある味で抽出でき、バランスが取れたコーヒーを淹れることができます。

カリタのドリッパーは台形で、底に小さな穴が3つ開いています。そのため、次に紹介するメリタよりもコーヒーの落ちていくスピードが早くなり、味がさわやかになります。

メリタと比べるとお湯の注ぎ方に工夫が必要ですが、ハリオほどお湯の注ぎ方で味が変わることはありません。

なお、スーパーマーケットなどで販売されているペーパーフィルターは、ほどんどがカリタ向けのものです。

3-2.メリタ

メリタ

メリタもカリタと同じく台形のドリッパーですが、最大の特徴が底に小さな穴が1つしかないことです。

注いだお湯が台形のドリッパーの底に溜まり、小さな1つの穴からゆっくり抽出されるため、凝縮された味が楽しめます。また、お湯の注ぎ方に関わらず抽出時間が一定になるので、常に安定した味のコーヒーを作ることができます。

その分、ペーパードリップで入れたコーヒーの中では最も濃い味となり、苦味が強くなります。

3-3.ハリオ

harioドリッパー

ハリオのドリッパーは円錐形で、底に大きな穴が1つ開いています。また、お湯がコーヒー粉を通るスピードをコントロールするためにスクリュー状の溝が入っています。

ハリオの特徴はお湯の注ぎ方によって抽出時間をコントロールできることです。言い換えると、注ぎ方によってコーヒーの味が変わりやすいです。ハリオのスクリュー線を生かしコーヒーの味をしっかり出すには、お湯を注ぐときに、中心から外側へ円を描くようにお湯をゆっくり入れる工夫が必要です。

ハリオのドリッパーには円錐形のペーパーフィルターを使用します。台形のペーパーフィルターはスーパーマーケットなどでも販売されていて手軽に購入できますが、円錐形のペーパーフィルターは取扱店が少ない点も注意が必要です。

4. おいしいドリップコーヒーの入れ方

実際のコーヒーの入れ方を、順を追って紹介します。

4-1.お湯を沸かす

お湯を沸かす

95度前後がお勧めです。高温であるほど濃い味になります。お好みに合わせて調節しましょう。

4-2.ペーパーフィルターをセット

ペーパーフィルター準備

ペーパーフィルターの紙の継ぎ目を折り曲げます。台形フィルターは側面と底面の2カ所、円錐形フィルターの場合は側面の1カ所です。

ペーパーフィルターセット

折り曲げたら、ドリッパーの上に置きます。

4-3.必要なコーヒー粉を計る

コーヒー粉計量

コーヒー用のメジャースプーンなどを使い、以下の量のコーヒー粉を準備します。

・1杯分:10g
・2杯分:20g
・3杯分:25g~30g
・4杯分:35g~40g

一般的なコーヒー用のメジャースプーンは1杯10gです。
また、大さじスプーン2杯も約10gなので、代用することもできます。

4-4. コーヒー粉を入れる

コーヒー粉を入れる

準備したコーヒー粉をペーパーフィルターに入れます。ドリッパーの側面を軽くたたいて、粉が平らに広がるようにします。

4-5.蒸らし

ファーストドリップ蒸らし

初めに少量だけお湯を注ぎ、粉全体にお湯を含ませて、20秒ほどそのままにして蒸らします。

蒸らす時間が長いほどコーヒーの味が濃くなります。お好みに合わせて調整してみましょう。蒸らしで注ぐお湯の量は、ドリッパーの下にあるサーバーにぽたぽたと少量が垂れる程度です。

4-6.お湯を注ぐ

セカンドドリップ

蒸らした後で、本格的にお湯を注ぎます。

お湯の量は1杯130ml程度が目安ですが、お好みで量を調節しましょう。

目盛り付きのサーバーを使う場合は、お湯の量は目盛りを目安にします。

重さでお湯の量を計る方法もあります。サーバーをスケール(計り)の上にのせて、1杯130ml=130gのお湯を注ぎます。コーヒー専用のドリップスケールも販売されていますが、ご自宅にある料理用のキッチンスケールも使えます。

お湯の注ぎ方のコツはドリッパーのメーカーによって異なるため、それぞれ紹介します。

カリタ、ハリオのお湯の注ぎ方

コーヒーの粉の中心から外側に向かって渦巻きを描くようにお湯を注ぎます。この際に、側面のペーパーフィルター自体にお湯を注がないようにしましょう。

ペーパーフィルターの半分くらいまでお湯を注いだら、お湯が落ちるのを少し待ち、完全に落ちきる前に次のお湯を注ぎましょう。なるべくお湯の高さを一定にキープするのが理想です。これを繰り返し、必要な分量まで達したら、お湯を注ぐのをやめます。

細口ポットでゆっくり注ぐと、抽出時間が長くなり、深く濃い味のコーヒーになります。全体の抽出時間が短いと、すっきりとした味わいになります。

カリタとハリオはほとんど同じ淹れ方ですが、ハリオの方が早くお湯が落ちます。深く濃い味わいのコーヒーを入れたい場合はゆっくり丁寧に注ぐようにしましょう。

メリタのお湯の注ぎ方

メリタのドリッパーの底には、小さい穴が一つしか開いていません。お湯を注ぐときにもそれを意識して、フィルターの上にあるコーヒー粉の真ん中をめがけて、集中的に注ぎます。また他のドリッパーと違い、お湯を数回に分けず、必要な量を一度に注ぎます。

4-7. カップに注ぐ

最後にカップに注いで完成です。

カップは事前に温めておくことをお勧めします。

5.まとめ

おいしいコーヒーの淹れ方

ペーパードリップコーヒーの淹れ方を紹介してきました。皆さんの朝のひと時や休日、在宅ワーク中など、ペーパードリップでコーヒーを淹れて、ご自宅でもおいしいコーヒーをぜひ楽しんでみてください。

また、今回記事内で紹介したウォームハーツコーヒークラブのコーヒー粉は、日本でめったに手に入らないアフリカ・マラウイ産の高品質AAランクのスペシャルティコーヒーです。器具をお持ちでない方のために、お湯とカップがあれば、おいしいドリップコーヒーを淹れることができるドリップフィルターセットも用意しています。

さらにこのコーヒーはおいしいだけではない、100%が生産国への給食支援へ寄付されるチャリティコーヒーです。マラウイはコーヒーの生産に適した条件がそろった自然豊かな国ですが、今も産業が少ない世界最貧国のひとつでもあります。

あなたが飲む毎日のコーヒーが、生産国マラウイの子どもたちの給食になります。世界を変えることができるコーヒーを是非ペーパードリップで淹れてお楽しみください。

ウォームハーツコーヒークラブの特長

関連記事

2通りのアイスコーヒーの作り方を紹介しています。

【自宅で簡単】すぐ飲める美味しいアイスコーヒーの作り方
ドリップで淹れて氷で冷やすアイスコーヒーの作り方です。

【自宅で簡単】手軽で美味しい水出しコーヒーの作り方と味の特徴
作り置きに便利な、水出しコーヒーの作り方です。