に投稿

学校でフェアトレードや国際課題を学ぶ題材として、売上の100%が寄付になるアフリカ産フェアトレードコーヒーを利用してみませんか?

地球に優しい事やモノを使うという意識が広まる中、 売り上げの全額が生産国への寄付になるウォームハーツコーヒークラブのフェアトレードコーヒーに注目していただく機会も増えました。

特に今年は学校から複数の問い合わせがあり、アフリカ・マラウイ産フェアトレードコーヒーが学生さんたちの学びの材料となりました。

今日は、これらの学校での活動について皆さんにレポートさせていただきます。

学校 × Warm Hearts Coffee Club

ウォームハーツコーヒークラブのアフリカ・マラウイ産フェアトレードコーヒーを題材にした探究型学習が各学校で行われました。

学生の皆さんがフェアトレードやマラウイについて学び、その内容をプレゼンテーションなどで伝えました。また、全額が寄付になるコーヒーを販売することで、社会問題を解決する活動に実際に参加していただきました。

●実例1:サレジオ学院中学校・高等学校


サレジオ学院においても、生徒さんたちから質問をいただくという形で自主的な探求型学習を行い、その後、中高生の学生たちの手によって販売会の準備を行いました。生徒さんの発案で実現した 『フェアトレード&チャリティ』 の紅茶・コーヒーの販売会で、マラウイコーヒーが販売されました。

事前に教育懇談会などでのビデオメッセージで保護者の方などにも告知を行った結果、予想以上のお申込みがあり2回に分けての販売となりました。この販売会では、コーヒーの販売を通して学校給食11,246食分の寄付となりました。

マラウイコーヒーの販売会が、生徒さんたちのボランティア活動として紹介されています。地理の授業でフェアトレードについて知った生徒さんが、フェアトレード商品を販売してみたいという希望し、さらにせっかく販売するのであれば途上国の支援をしたいと考えたことから、今回の全額が寄付になるマラウイコーヒー販売会に繋がりました。ボランティア精神を大切にされていて素晴らしいと思います。

●実例2:日向学院中学校・高等学校

宮崎県の学校法人日向学院の有志の高校生が始めたフェアトレード・コーヒー販売プロジェクト「Your Bible Project」。

まずプロジェクトメンバーの生徒さんから「フェアトレードコーヒーとは何か?」という質問を受け、私たちが回答することからはじまりました。その後、学生の皆さんがコーヒーに関する社会課題やマラウイの貧困問題などを自主的に調べ、どのようにマラウイ産フェアトレードコーヒーをPRし販売すればよいかというマーケティング的な作業も行いました。

プロジェクトメンバーたちは他の生徒さんたちに向けて『遠い国アフリカの国・マラウイでコーヒーを栽培している人とつながる』というテーマで制作した動画を各クラスで放映し、プレゼンテーションも行いました。

動画やプレゼンテーションを通してマラウイやマラウイで栽培されているコーヒーについて知った130名以上の生徒さんがコーヒーを購入し、約18,000食分の学校給食の寄付となりました。

現在すでに2回目の販売に向けて準備をしています。
「フェアトレード・コーヒーの1回目の販売終了」
http://www.hyugagakuin.ac.jp/news/e/global/2021/07/23/002199.html

●実例3:静岡雙葉学園

静岡雙葉学園では、「コーヒーの産地、マラウイについて」「フェアトレードについて」「どのようにコーヒーの売上の全額が寄付になるしくみ」などについての授業を3回ほど実施させていただきました。

その後、静岡雙葉学園の生徒の有志団体であるフォスターフレンドにより開催された「ふたばフェアトレードDAY」にて、途上国の商品の1つとして、マラウイ産コーヒーを販売しました。生徒さんたちがフェアトレード商品の仕入れを行い、商品に値札をつけ、納品された商品の確認などを行いました。フェアトレードについて知り、販売や買い物をしながら国際課題について学べる機会となったのではないでしょうか。この販売会では、コーヒーの販売を通して学校給食3,300食分の寄付が集まりました。

また、国際教養コースに所属する生徒さんたちへは国際理解の授業を実施し、教材としてマラウイ産寄付型コーヒーを扱っていただきました。

学びの場でコーヒーを教材としてご利用いただいて

各学校での「フェアトレードについて学び、伝え、販売する」という一連の経験を通して、生徒さんたちが主体的に学んでいる様子が印象に残っています。

自らが置かれた環境でどのようなアクションを起こせるのか?受動的ではなく主体的な学びでこそ課題解決力を養うことができます。

多くの学生の方々が国際課題を学び、多くの人に伝え、国際課題解決に実践的に関わる活動が、持続可能な国際課題解決策の1つになるのだと感じました。

「あなたの学校でもフェアトレードや国際課題を実践的に学ぶために、マラウイ産コーヒーを利用してみませんか?」

ウォームハーツコーヒークラブを運営するNPO法人せいぼは、今後も学校や学生の方たちに国際課題、フェアトレードなどを実践的に学ぶための以下のような機会を提供していきます。興味を持っていただける方はぜひ一度お問い合わせください。

①世界最貧国マラウイの課題と解決につながるソーシャルビジネスについて学べる

NPO法人せいぼの代表でもある店長山田が、マラウイを通してみる国際課題や支援の必要性、その持続的な解決につながるソーシャルビジネス(社会課題解決型ビジネス)について伝えます。

②フェアトレードについて学べる


フェアトレードについて、またフェアトレードの利点や課題についての講座を実施しています。

③NPO活動体験ができる

学生の方にNPO活動に参加し体験していただけます。国際課題に関する授業を受けるだけでなく、NPOのスタッフと一緒にフェアトレードコーヒーの販売や販売のための企画をすることで、探求型学習になり、国際社会に貢献した実感を得ることができます。

④現地の方の話を直接聞くことができる


マラウイ現地と日本をつなぐビデオチャットも行います。マラウイ現地スタッフとオンラインで話す機会を設け、マラウイの学校、文化、食、労働観などについてマラウイ現地スタッフのリアルな声を直接聞くことで、より課題に興味を持ち理解を深めていただけると感じています。
またマラウイの公用語は英語ですので、英会話を活用する機会にもなります。

お問い合わせはこちらから

店長の山田です。学校などでの講座、コーヒーの販売会、教材としての利用についてお気軽にお問い合わせください。生徒の皆さんが単に国際理解を深めるだけではなく、実際の活動を通して自分が国際社会の一員である感覚を得ることができると思います。皆様からのご連絡お待ちしております。