に投稿

マラウイ・アイスコーヒー2020!

暖かい日々も続くようになってきました。
皆さんは、いかがお過ごしでしょうか。

Warm Hearts Coffee clubでは、通常のレギュラーコーヒーに加え、
細挽きでコクの出るようにした「深煎り」の粉の準備もございます。
豆をご利用の方も、アイス用に挽きやすい焙煎にて、
ご自宅にお届けできます!

さらに、ホットでお飲みの場合も、「深煎り」の細挽きは、
粗挽きよりも強い味をお楽しみ頂けます。

ご希望の方は是非、こちらから、
マラウイコーヒー(粉)もしく(豆)をお選びいただき、
コーヒーの種類をプルダウンで、「深煎り」をお選びください。

これからも、どうぞよろしくお願いします!

に投稿

ギフト用ドリップパック!

Warm Hearts Coffee Clubは、自宅勤務の皆様に、
特別なパッケージを作成しました。
また、ご友人の方々への応援としても、
ギフトとして、ご使用頂けます。

寄付先のマラウイでも、現在学校給食の形ではなく、
家庭に食事を届け、お母さんが子供に対して、
衛生面に注意しながら、食事を与えています。
こうした積み重ねで、国全体が、臨機応変に対応でき、
今後の発展にも繋がっていけばと思います。

コーヒーも、皆さんの手元に届き、
こうしたマラウイの情景を思い起こして、
国を越えて心が一つになれるきっかけになればと思います。
マラウイの状態について詳しくは、こちらもどうぞ!

おいしいオーガニックコーヒーは、焙煎と発送を同日とし、
送料無料で、ご自宅までお届けします!
ご注文は、是非こちらから!
どうぞよろしくお願いします。

に投稿

ご自宅であたたかいコーヒーを!

ウォームハーツコーヒーの提供するマラウイコーヒーは、
ご自宅での時間を有意義にしてくれるものです。
マラウイの北部の高地、ミスク地方で取れた豊かな味は、
すっきりとした新鮮な後味と、風味を与えてくれます。

そして、豊かさは、味だけではなく、
チャリティの形を取って、現地の子供たちの給食費となり、
皆さんの心もあたたかくしてくれるはずです。

こちらから、ご注文を頂くことが可能です。
売り上げの100%は、マラウイの給食費に充てられます!
皆さんのご注文をお待ちしております。

に投稿

新しい農園のコーヒー


ウォームハーツコーヒークラブでは、コーヒー豆に新たな種類を導入し、
皆さんに楽しんで頂ければと思っています。
今月からお送りするコーヒーは、ウシンギニ農園で生産されたもので、
今までのミスク農園と同じように、北部のタンザニアに近い場所で生産され、
マラウイ湖を一望できる高地の自然豊かな場所で生産されています。
ウシンギニのコーヒーは、現地の雇用創出、農業教育といった
社会貢献の意味も多く備えています。
生産過程も印象的で、ゲイシャ種とニカ種の二つが中心となった豆を、
収穫後14日~21日程度じっくり乾燥させ、出荷されます。
豊かな自然と現地の社会貢献につながるおいしいコーヒーです。
味はミスクよりも少しまろやかで、
苦みと酸味が強すぎず、ちょうどよい頃合いになっています。

に投稿

Iced Coffee!


マラウイ産アイスコーヒー解禁!
夏季限定で、マラウイ産アイスコーヒーをご提供します!
皆さんが召し上がっている中挽きの粉に対して、
水出ししっかり味が出る、細挽きのコーヒーとなっております。
ほどよい苦みが、ジメジメした日本の夏に、
キリッとした風味を与えてくれます。

アイスコーヒーで子どもたちに給食を
マラウイのコーヒーは、アラビカ種の中でも希少価値の高い、
ゲイシャ種を使っています。味も長持ちし、アイスコーヒーでも、
冷蔵庫に保管すれば、日々安定した味がお楽しみ頂けます。
そして、今まで通り、売り上げの100%は、子どもたちの給食費となります。
毎日、コーヒーを飲みながら、子どもたちの爽やかな笑顔を
思い浮かべて下されば嬉しいです。
ご注文はこちらから!

に投稿

マラウイの独立記念コーヒー


独立記念日に焙煎!
7月6日は、マラウイの独立記念日にあたっています。
そこで、私たちは、その日にマラウイコーヒー焙煎し、
皆さんにその同じ日に発送をしたいと思います。

マラウイの国旗のストーリー
マラウイの国旗は、燃える太陽をイメージしており、
国土の大部分を占めるマラウイ湖に反射した
きれいな現地の太陽の色を表しているそうです。
私たちのコーヒーの生豆も、東京のコーヒー焙煎の老舗で、
しっかり火を通し、新鮮なコーヒーを皆さんにお届けしています。

皆さんも是非、マラウイの記念すべき日に焙煎されたコーヒーを
飲みませんか。ご注文はこちらから、お待ちしております!

に投稿

マラウイ産アイスコーヒー!


すっきりしたマラウイの味!アイスでも
今年も梅雨の時期に入り、ジメジメ蒸し暑い日が続くようになりました。
そんなときは、大自然の中で栽培された、さわやかなマラウイコーヒーの
アイスコーヒーはいかがでしょうか。
ホットだけでなく、今月からアイスコーヒーもお楽しみ頂けるようになりました!

細引きの香り高いゲイシャ豆
ウォームハーツコーヒークラブで使用している生豆は、
アラビカ種の中でも希少価値の高い、ゲイシャ豆を使用しています。
ゲイシャ豆は、ホットの細挽きにしても、その香りが繊細に、
とても良く出るようになっています。

暑い夏においしいチャリティコーヒーを!
暑い夏でも、コーヒーの香ばしい香りと、マラウイの子どもたちの笑顔を思い浮かべ、元気に日々を送りませんか。おいしいアイスコーヒーも、100%がマラウイの爽やかな子どもたちの笑顔に繋がります。ご注文お待ちしております。

Photo by Wade Austin Ellis on Unsplash

に投稿

コーヒーご注文受付開始!


コーヒーのご提供がついにスタートしました!
皆さんのご注文をお待ちしております!
最初の焙煎日は4月26日木曜日となります。
恐れ入りますが、4月22日の日曜日以降のご注文に関しては、
ゴールデンウィークの影響で、焙煎および発送日は5月10日となります。
是非、マラウイのコーヒーをお楽しみください!
どうぞよろしくお願いします。

に投稿

コーヒービジネスゾーン 生産のプロセス

今まで、コーヒーの画像でその産地の状態、
栽培のプロセスについて、イメージをご提供しました。
今回は、具体的に、どのようにバイヤーに買い付けられ、
市場に出ていくのかのプロセスをご紹介いたします。

農夫たちが集めた生豆は、一度写真の倉庫に保管され、
バイヤーたちがこの前に立ち、買い付けられます。

バイヤーのカウンターがこうした場所になっており、
木の棒で重さを量って、その量に応じて、
値段を決めて、取引が行われます。

その後、購入された生の状態の豆は、
写真のような穴に入れられ、機械を通って、
その皮を削がれていきます。

その機会が以上の写真で、
きれいに皮がはがれた豆は、次に水できれいに
洗浄されます。

洗浄されると、写真にあるようなボックスに分けられて保存され、
大口、小口注文に分けて、分量を決めてから、
乾燥、衛生点検のプロセスに移ります。
衛生面の調査が終わると、いよいよ出荷となるのです。
こうしたプロセスを経てコーヒーは市場へと出回ります。
私たちのコーヒーも、こうして出回ったコーヒーの一つです。